Nurses Navi

お仕事の選び方

病院と看護師

イラスト

病院の種類はとても多くあり、形態や病床数によって分類の仕方も変わってきます。 病床の数が20以上の場合には病院という呼び方をしますが、19以下の場合には診療所という呼び方をします。

病院の種類

病床は医療法によって区分されていて、一般病床のほかに精神病床、療養病床、感染症病床、結核病床とに分けられます。 病床の違いにより一般病院、療養型病床群、感染症病院、結核療養所、精神科病院とに分類されます。 病院はそれぞれの機能によって特定機能病院、地域医療支援病院、診療所などのように分けられるのです。

現在、厚労省による診療報酬の改定により、病院では急性期・回復期病棟が増やされています。 どの種類の病棟で働くかによって、条件や働き方なども変わってきますので簡単にご紹介します。

例えば・・・急性期病棟の場合

急性期病棟での勤務は、入院患者様の出入りが激しい病院などは後ろを振り返るヒマさえ無いとも言われます。 忙しい分年収が高い病院もあり、年収500万円ほどの病院などもありますが、正看護師の資格を重視するケースが多いです。 夜勤は救急指定を受けていれば、それだけ忙しいため3交替制での勤務が一般的です。

例えば・・・療養型病棟の場合

療養型病棟での勤務は急性期と比べればゆったりとしていますが、だからと言ってヒマなわけではありません。 20代の看護師の多くは、勉強が出来ないと敬遠されがちですが、決してそうではありません。 まず、学べる事が違いますので、自身が何を学び活かしていきたいかが重要になってきます。 それでも、傾向としては忙しさに疲れて転職をされる方が多くいらっしゃいますが、年収例は400万円台が一般的です。 夜勤も月に何度かありますが、2交代制が一般的です。

例えば・・・診療所の場合

最近では夜勤の無い診療所(クリニック)での勤務を希望される看護師が多くいらっしゃいます。 確かに、夜勤が無くお昼休みもしっかり取れますが、その分の収入が下がりますので、転職の際はご注意下さい。 また、即戦力が必要とされる場合が多いので、自身が活かせる強みなど前もって把握しておいた方が良いでしょう。

病院や診療所と一言で括れますが、機能によって細かく枝分かれしていますので、そこで学べる事・活かせる事が変わります。 そういった事も全て、ユニヴの転職コーディネーターに一度ご相談下さい。

いますぐ無料登録はこちら
今すぐ登録
ご登録までのながれ
recommended contents
special