Nurses Navi

お仕事の選び方

看護師と子育て

イラスト

看護師は労働時間が長く、夜勤があったりと不規則な生活になりがちです。

結婚と同時に看護師を辞めてしまうという人もいますが、子供を育てながら看護師として長く勤めている人も多くいます。 過酷な仕事をしながら子育てをしていくのは、とても大変なことだと思いますが、最近では多くの女性が働きやすいようにと、託児施設を完備した病院も増え、看護師が少しでも働きやすい環境になるようにと務めています。 託児施設がないので看護師の仕事が出来ない、保育園の空きが出るまで看護師として復帰できないというケースも多いようです。

子育てをしながら看護師として働く女性をサポートできるよう、ユニヴでは子育て支援に力を入れている求人案件を多く取り揃えています。

増えてきた出産後復帰する看護師

女性の多くは20代から30代にかけて出産しますが、その年代は臨床経験を積んだりしてキャリアアップを図る時期でもあるのです。 何年も出産のために職場から離れてしまうと復帰する時にも苦労してしまいますので、出産後すぐにでも復帰し活躍出来るようにと、復帰支援に力を入れている病院も増えております。 看護師が不足している中で少しでも早い段階から復帰してもらえるようにという考えから、こうした病院が増えてきているのです。

子供を通常の保育園に預けても熱が出たり怪我をすると、すぐに迎えに来てくださいという連絡が入ります。 働いている時間内であっても、子供を迎えにいかなくてはならないのです。 少しでも子供の体調が悪い時には、お仕事を休まなくてはなりません。 他の看護師にも大きな負担をかけてしまうので、子供がある程度大きくなるまでは復帰は出来ないという女性が多くいました。

最近では熱を出しても預かってくれる施設もありますし、お母さんの代わりに病院に連れて行ってくれるというサービスを行なっている施設も増えてきています。 以前に比べると、子供がいる女性でも働きやすい環境になってきていることは間違いありません。 しかし、こうした施設は数が足りていないという実情もあります。 もっと安心して預けることが出来る施設が増えれば、看護師としてすぐに職場復帰し活躍できる看護師がたくさんいるのです。

少子化問題が進む中、子供を安心して産み育てていけるような環境を作っていくことが大切だと思います。 不規則になりがちな看護師でも安心して働けるよう、病院内に託児施設がある病院も増えてきておりますので、ユニヴの転職コンサルタントまでご相談下さい。

いますぐ無料登録はこちら
今すぐ登録
ご登録までのながれ
recommended contents
special