Nurses Navi

お仕事の選び方

訪問看護とは

イラスト

訪問看護という言葉を聞いたことがありますか?高齢化が進み、障害を持つ人でも安心して暮らせるようにと、福祉社会としての取り組みがなされていますが、訪問看護というのも住み良い街づくりには欠かせないものとなっています。

訪問看護は居宅に看護師が訪問し、療養上のお世話や診療の補助を行なうサービスです。 医療器械を使用しながらでも自宅で心おきなく過ごせるようにと、医師と病院の連携により看護師が訪問してくれるのです。赤ちゃんから年配の方まで、年齢や性別、国籍を問わずに受けることが出来ます。

訪問看護を行なうのは看護師資格を持つ人が基本となりますが、保健師助産婦理学療法士作業療法士などが訪問する場合もあります。十分な看護経験を持つ看護師が訪問しますので、安心して居宅で過ごすことが出来るのです。

退院後の病状の管理をはじめ、障害を持つ人の定期的な健康管理、認知症の看護や終末期の看護、健康状態の観察と検査・治療の助言なども行います。また、定期的な血圧や体温・心拍数などのチェックや、日常生活における排泄のケアや食生活のケア、アドバイスなどもしてくれます。

訪問看護は看護を受ける人だけのサービスではなく、家族へのサービスでもあります。家族のさまざまな相談に応じたり、定期的な訪問を続けたりすることで、安心感を与えることも大切な仕事となります。在宅での体位交換や関節への運動・リハビリテーションなどは、コツを掴んで慣れるまでは難しい作業です。訪問看護では在宅リハビリテーションをはじめ、社会復帰への支援や外出サポート、レクリエーションの支援と、幅広いサポートを行うことが出来ます。

患者さんを取り巻く様々な面から支援を行う訪問看護。ご興味のある方は、是非ユニヴの転職コンサルタントにご相談下さい。

いますぐ無料登録はこちら
今すぐ登録
ご登録までのながれ
recommended contents
special