Nurses Navi

転職ガイド

面接マナー

イラスト

就職をする時にも転職をする時にも、重要となるのが面接です。履歴書など書類だけではわかりにくい人柄などを確認するためにも、面接はとても重要となります。働く意欲などをわかってもらう、相手の自分の意思をしっかりと伝えるためにも面接マナーに気を付けましょう。

面接では志望動機を聞かれますので、事前に希望する病院について調べておく必要があります。また、履歴書を見ながら面接をしますので記入した長所などは、しっかり覚えておくようにしましょう。

面接のマナーはいくつかありますが、遅刻は問題外となります。時間の10分前には到着するようゆとりを持って家を出るようにしましょう。
また、服装にも注意を払いましょう。

男性の場合

スーツを着るようにして、シンプルで清潔感のある服装を心がけましょう。ネクタイは単色か水玉・ストライプがお勧めです。 髪型は自由という事もありますが、耳に髪がかからないほうが印象が良いようです。

女性の場合

爪の長さやメイクもチェックされます。 知的に見えるような服装が好ましいと言われていますが、紺やグレーのスーツを着るのもいいでしょう。派手な印象にならないように心がけましょう。

面接の流れとポイント

面接室に入る時にはノックをして、どうぞと言われたらドアを開けます。
静かにドアを閉めて一礼し椅子のある場所に進みます。

名前を大きな声で言い「お願いします」と挨拶して、どうぞと言われてから着席しましょう。

当然の事ですが、絶対に貧乏ゆすりをしたり足を組んではいけません。
無意識にしてしまうという人は注意しましょう。

自分をアピールすることに必死になり、しゃべり過ぎるのもいけません。
要点をまとめて簡潔に伝えられるようにしましょう。

また、最後に面接官から「最後に質問はありますか?」と聞かれます。これを聞いて「やっと終わった」と思う方が多いかと思いますが、まだ終わりではありません。最後のアピールの場ですので、面接前にいくつか考えておくのがベストでしょう。

面接が終わったら有難う御座いましたと、お礼を言ってから立ちドアの前で一礼してから退室します。

以上が一般的な面接の流れとなりますが、まだ不安を拭いきれないという方は、是非ユニヴコーディネーターにご相談下さい。

いますぐ無料登録はこちら

今すぐ登録
ご登録までのながれ
recommended contents
special