Nurses Navi

転職ガイド

看護師の転職動向

イラスト

最も多い転職理由

看護師になりたいと思い転職を希望する人もいますが、実際に看護師として働いていて、さらに仕事内容を充実させるために転職したいという人も多くいます。看護師が転職を希望する転職動向について調べてみると、一番の大きな転職理由となるものにはストレスがあるようです。

看護師は医師と患者の間に入り、両方の意見や気持ちを尊重しなければなりません。また、女性が多い職場ですので、人間関係のトラブルも多いく、こういったストレスが要因となり、転職を希望するケースが多いようです。

看護師の数は足りていないのが実情で、勤務体制も厳しく勤務時間が長い、休みがもらえないなどの理由から転職を希望する人もいます。いつもにこやかに接しなければならない職種なのが看護師という仕事ですが、疲労が溜まった上にストレスも重なり仕事に行くのが恐怖に感じてしまうこともあるようです。

ステップアップのための転職

看護師は人の命を預かる大切な仕事であり、その分責任感も重くのしかかります。責任ある仕事だからこそ、やりがいを感じる、自分の力が発揮できるという人もいますが、責任の重さに重圧を感じ転職を希望する人もいます。仕事のハードさに比べて、給与が伴っていないケースも多く、収入をアップさせるために違う病院へと転職するという看護師も増えてきています。

キャリアアップさせるために転職を希望する人もいますが、転職理由で一番多いのは人間関係となっていて、次に給与、勤務時間の不満と続いています。苦労して資格を取得し毎日責任を持ち働いているからこそ、長く続けていくためにも職場の環境が良く収入をアップできる職場に転職したいと思うようです。

看護師の勤務年数

看護師の勤務年数は6年と言われているようですが、1年ほどで辞めてしまう人もいれば、何十年と勤務する人もいます。どれだけ長く続けられるかは、職場の環境によって大きく左右していると言えます。

給与だけでなく子育ても視野に入れた転職

転職先に希望するものを調べてみますと、給与が一番多い意見となってますが、勤務時間だけではなく、通勤時間も考慮して転職を考えるようです。その他、託児施設や寮が完備されているかどうかも転職するときの大きなポイントとなり、子供がいる人でも、安心して働ける環境にある職場で働きたいという人が増えてきております。

こういった転職動向を見ると、勤務時間や収入・寮など環境が整えば看護師として長く勤めることが出来るようです。転職を希望する人は職種に不満があるのではなく、長く勤めるための環境探しという意味で転職を希望する傾向にあります。

いますぐ無料登録はこちら
今すぐ登録
ご登録までのながれ
recommended contents
special